散骨は自分でもできる|様々なメリットがあることを知ろう

様々な形式がある 

お葬式

亡くなった人の冥福を祈るのが葬式という儀式です。一般的にご納棺からお通夜を行って、告別式を行うといった内容になります。最近では故人の意思を尊重して、様々な葬儀のやり方が実施されるようになっているのです。主な方法として、家族葬や密葬、一日葬、直葬、社葬、個人葬、自由葬、自宅葬などといった形式があります。家族葬は、文字通り家族や親族だけで執り行われる葬儀になります。身内だけの少人数で行うことが特徴となっており、故人の意思であまり多くの人を呼びたくない、家族だけでひっそりと式を執り行いたいといったときにこの形式を選ぶ人が多いといえます。またこの形式と似た方法で密葬というものがありますが、少し内容が違います。密葬は、身内などで式を終えたあとに本葬といってほかの弔問客を集めて葬儀を執り行うものとなっています。同じように少人数で行う葬儀でも異なる形式となるのです。

家族葬や密葬などとは反して、大人数で執り行うのが社葬という葬儀です。社葬とは、企業の重役についている人や、勤めている社員などが仕事中に亡くなってしまった場合などに行う形式のものとなります。会社の従業員全員で行うものとなっており、会社が中心となって進めていきます。会社の代表取締役の人が亡くなってしまったときや、従業員が仕事中に命を落としてしまったなどといったことが起こった場合に、社内全員で故人の冥福を祈ります。また、芸能人など有名な人が亡くなったときにも、この形式を採用することが多いです。たくさんの仕事関係者などやファンの人々などを集めて式が執り行われます。生前、故人が活躍できたのはファンがいてくれていたおかげなので、きちんとお別れの場を設けているのです。ほかにも、様々な形式のお葬式が存在しているので、把握しておくといいでしょう。