散骨は自分でもできる|様々なメリットがあることを知ろう

流れを把握しよう  

ロウソク

亡くなった人を弔う儀式として葬式というものがあります。病気や事故などでいつ何時命を落とすかわからないのが人間です。そのため、もしものときに備えて葬式を行うまでの流れを把握しておく必要があります。葬式を行うには、まず専門の業者に依頼することから始めます。業者に連絡すると、遺体を病院や自宅などまで引き取りに来てくれます。引き取った遺体を安置所と呼ばれる場所に移動させます。安置所で葬儀までの間、遺体を保管しておきます。その間に遺族と葬式の日取りや準備などの内容を話し合っていきます。この話し合いでは、様々なことを決めていきます。まずは、葬儀を中心となって執り行う喪主や、葬儀の形式、場所、装飾などといった様々な内容を具体的に決めていきます。また、故人の遺言などがあるならばその確認もしていきながら、葬式に向けて準備を進めていく形となっています。葬儀の形式も仏式やキリスト式、無宗教式、神式などといった様々な形態が存在します。その中からどの方法で執り行うかを遺族と話し合っていきます。形式によってかかる費用にも違いがあるのが特徴となっています。このような具体的な内容の決め方については、業者のほうがきちんとサポートしてくれますので、安心してお任せするといいでしょう。

具体的な日取りや内容が決定したら、ご納棺に移っていきます。ご納棺は、お通夜を行う前に執り行われるものです。これから天国へと旅立っていく故人が安らかに眠りにつけるように遺族が集まって、立ち会うことが一般的となっています。ご納棺が完了したら、お通夜を執り行います。お通夜故人の顔が見られる最後の儀式となります。身内や親族、友人などに至るまで、生前親しかった人々を集めて、みんなでお別れをいう儀式なっています。お通夜を終えたら、遺体の火葬を行い最後の告別式に移っていきます。告別式は故人との本当に最後のお別れとなります。この世からあの世へと旅立っていく故人に対して、冥福を祈る場となっています。葬式を行うには、このような流れで進めていくのが一般的となっています。